プロフィール

にゃん吉太郎

Author:にゃん吉太郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

肉と添加物は想像以上に恐ろしかった
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「病気にならない生き方」著者 新谷 弘美 おすすめ本の紹介
DSC01881.jpg

2008年6月 2位

現在は、米国の医科大学外科教授のこの著者は、胃腸内視鏡外科医で多数の有名人を診療してきたという。この著者はミラクル・エンザイムという酵素が体には重要とし、肉よりは魚を勧め、牛乳、ヨーグルトなどの乳製品、マーガリンなどは体に悪いとハッキリと指摘している。
酵素は熱に弱いため生の食べ物は良いとしているところや、良く噛むことで消化・吸収を助けることなど
ナチュラルハイジーンの健康学と良く似ているが、こちらは、野菜と果物が中心ではなく、穀類を50%、野菜・果物を35~40%、動物食を10~15%にする食事バランスを勧めている。
そして、酵素が寿命を決めると本の表紙で言ってるわりには、生で食べることはあまり強調していない。
著者も生野菜よりか温野菜で摂ることの方が多いみたいだ。だが、毎食の30~40分前には果物を摂るらしい。この食前に果物を摂る方法はナチュラルハイジーンと同じと見て良い。確かに、野菜は生で食べるには色々な問題もあるため、生で食べられる果物を毎食の食前に摂るのは良い方法かもしれない(生の食べ物には人間には欠かせない酵素が沢山含まれている)
精製していない穀類と、肉より魚を食べ、乳製品は止め、マーガリンなど油を摂らない食事法が癌の再発なども無くすようです。
この本は、第4章に分かれてありサラッと読めるので、目を通して損のない本に思う。(2005年8月10日 発行)
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。