プロフィール

にゃん吉太郎

Author:にゃん吉太郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

肉と添加物は想像以上に恐ろしかった
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の食性は?
「新・健康学 偏食のすすめ」に続き、「50代からの超健康革命」を読み、人間の食性について考えた。
動物は栄養バランスなど考えずに肉食なら肉、草食動物なら草さえ食べていれば良いのだから楽でいいと思いませんか?
私は以前、人間にはそんなすべての栄養が含まれたサプリのような食べ物はないなと思ったことがあった。
たまには違うものも食べたくなるが、普段は動物のような食事で手抜きができ、しかもそれが体に一番ならこれほど良いものはないなと思う。
私は動物性食品を摂れば摂るほどカルシウムが奪われていくことを知り、人は肉食動物のように造られてはおらず草食動物のようなものかと思ったが、その後人は豚などのような穀類や芋が中心の雑食性が正しいであろうと考え直していた。だが、人と豚とでは見た目からして違うし、豚はイノシシを改良して生まれた動物でもあるし豚の食性は何のお手本にもならんと感じる。
私はこれらの本を読むまで、人に一番近いサルがいることをすっかり忘れていた・・・
サルも色々な種類が存在し雑食性に分類されるが、種類別にもう少し食性を細かくでき、人はチンパンジーと同じく果物と野菜を中心に摂る果実食性だという。私も今はこの果実食性が人の食性だと感じている。
本当に人がチンパンジーのように果物と野菜を生でバリバリ食べて健康に生きられるならまさにこれはサプリに近い食事法だ。サプリで簡単に食事を済ませたいと思っている現代人が一番求めてる食事法かもしれない。

新・健康学「偏食のすすめ」には、人は果物と野菜のみでも生きられると書いてあったが、
「50代からの超健康革命」には「私たちは消化器官の機能・構造上、食事の50%は果物、40%は緑の草や葉、5%が根菜類、3~4%が動物性食品(シロアリ、アリなど)というチンパンジーと同じ果食動物に属している」としてるため、今まで通り人は米、豆、海藻、火を通さないと食べられない野菜は果物と生野菜に合わせて食べるのが良いと私は思う。
「果物と野菜のみで生きられる」というところに私は疑問を感じているのだが、一応植物も生きているだけのことあってすべての栄養素を持っているようだから本来なら、本当にそれで生きていけるのかもしれない。でも、野生で生きていないため野生動物と同じことをしてもバランスは取れないんじゃないかと思ってしまう。

チンパンジーに限らず、動物って極端に偏食だから私は動物はそれで長生きしているとは思っておらず、それなりに食べているからそれなりに生きて、寿命もそれなりに短いものかと感じていた。
だから、人は長生きするためにバランス良く食べる必要があるのだと・・・
でもその偏食で何年も何の問題もなく生きてるってことは不足してる栄養素など何もないということになりますよね・・・

現代に栄養学など参考にするものがまったくないのだとしたら、私はサルの食性を学び真似したであろう。



果物と野菜の食性にかんしてはこちらでも取り上げましたので参考に。
※新・健康学「偏食のすすめ」 著者 永樂 和重 おすすめ本の紹介!
※「50代からの超健康革命」 著者 松田 麻美子 おすすめ本の紹介!
※この食事法が日本を救う最後の望みか!?
※ナチュラルハイジーンという食事法


あおe_02

スポンサーサイト

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。