プロフィール

にゃん吉太郎

Author:にゃん吉太郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

肉と添加物は想像以上に恐ろしかった
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化学肥料は水を飲めなくする!
ハムや明太子などの色をよくするために良く使われている発色剤は亜硝酸塩(亜硝酸ナトリウム)のことで、
体に入るのは発色剤からだけでなく、野菜や水にも含まれ危ない基準にまでなっているという。

まず、添加物の亜硝酸塩(発色剤)について。
添加物の発色剤(亜硝酸塩)が魚や肉の焦げ、魚卵などに含まれるアミン(タンパク質の一種)と反応するとニトロソアミンという発がん性が生じるということは、ほとんどの本に書かれている。
その他、ニトロソアミンとはまた違った危険な物質が生まれる可能性も指摘されている。
ハム(発色剤)+バター(BHT)をトーストした場合紫外線の影響で2つが反応する危険もあるが、ビタミンCやEが亜硝酸塩を分解することもあるようで、摂取量が多くなった場合に危険が発生する可能性がある。

亜硝酸塩+魚や肉の焦げ(アミン)                 =発がん性
亜硝酸塩+コショウなどの(ピペリン)               =変異原性
亜硝酸塩+ベーコンや豚足などに含まれるアミノ酸(プロリン)=発がん性
亜硝酸塩+防腐剤のソルビン酸                  =強い変異原性
亜硝酸塩+パラオキシ安息香酸                  =突然変異誘発作用があり発がん性疑惑物質亜硝酸塩+BHT                             =生理毒性の強い物質がつくられる
※「汚染される身体 著者 山本 弘人」


次に野菜に含まれる亜硝酸塩とは何か。
まず化学肥料とは石油から作られた合成成分で窒素(葉の成長に必要):リン(花の成長に必要):カリ(根の成長に必要)が含まれている。植物の葉は、その窒素で大きく成長。植物は体の中で窒素を硝酸性窒素というものに変え成長に利用する。植物の成長に利用されずに植物の体内に残った硝酸性窒素は人間の体の中で亜硝酸性窒素に変化。この亜硝酸性窒素があの添加物で摂取してしまう亜硝酸塩にあたる。
亜硝酸塩と言ったり、亜硝酸性窒素と言ったり亜硝酸熊窒素、硝酸イオンなどと書かれる場合もあるが多分、どれも同じと考えて良いと思う。
亜硝酸性窒素は酸素を運ぶヘモグロビンの働きを鈍くしてしまい特に乳児は命にかかわる危険な状態にまでなってしまう。(健康な大人で適量であれば危険な状態になることはなく排泄される)
有機肥料であれば余分な窒素は野菜に吸収されず硝酸性窒素が過多にならないが化学肥料の窒素は、
どんどん吸って大きくなれと言わんばかりに吸収されてしまう。(有機肥料でもチッソ分が多い動物性堆肥を使いすぎると硝酸塩過剰になりかねないと書かれた本もある)
そして「野菜が糖尿病をひきおこす!? 著者 河野 武平」によるとこんな続きがある。↓

「体内に取り込まれた硝酸塩(硝酸性窒素)は消化器官内のpHの影響を受けて亜硝酸(亜硝酸性窒素)に還元され二級アミンと結合しニトロソアミンという強力な発ガン物質を生成する。そして、中毒値に達したニトロソアミンは遊離基を放出し、これが膵臓にあるB(ベータ)細胞を傷つけてインスリンの生成を妨害する。このため、高濃度の硝酸塩はインスリン依存糖尿病を引き起こす」と米国のコロラド大学保険センターのコストラバ博士は説明している。

糖尿病とは膵臓から出るインスリンというホルモンの働きが足りないために血液中の血糖値(ブドウ糖)が高くなり血管や神経に障害を起こす病気であるため亜硝酸塩(発色剤)、亜硝酸性窒素を摂りすぎると糖尿病になる危険も生まれてしまうという。
そして、この著者は、糖尿病の合併症の一つでもある透析患者が、ハウス栽培の多い農業地域や家畜の排泄物にも窒素は含まれるため、それらの盛んな地域に多いと指摘している。(家畜の飼料を化学肥料で栽培しているため家畜の排泄物にも窒素が含まれる)
そして、大量に余った土壌中の窒素は微生物によって硝酸性窒素に変化し地下水へ流れ込み、巡り水道水にも含まれてしまっている。
熊本は、日本で唯一地下水源を水道に利用しているが、環境庁のデータでは熊本市内の地下120mの地点でさえ、硝酸塩濃度は飲料水基準の8倍に当たる80ppmに達しているという。


化学肥料をやった野菜がこんなにも環境にも体にも悪いなんて知らなかった・・・
っていうか、たっぷりと無駄に使われていることは間違いなく問題ありだ。
なんせ、化学肥料は石油で作られていて植物によって分解されていないのだから、添加物と同じようなものが野菜にも入っていると見て良いのではないでしょうか?農家の方は確かに知識や経験も豊富でしょうが、プロでも卑怯な手を使わないと、あの立派に形の整った色鮮やかな野菜は作れないそうです。
やっぱり野菜作りのプロは違うな~と感心していたのに、あの添加物を使ってハムをピンク色に仕上げる食品業界の企業秘密と同じ仕組みだったなんて、あまりにも日本はひど過ぎる・・・

このまま、大量に化学肥料を使い続けたら赤ちゃんが育たない水しか飲めなくなりますね、きっと・・・



※窒素は莫大に金のかかる浄水器「逆浸透膜」でないと除去できない。
※化学肥料を大量に使用すると、育ちが悪くなるものや味が悪くなる作物(結球野菜、果実、果菜、根菜など)では比較的硝酸性窒素の害は少なく、葉野菜に害が心配される。
※野菜に火を入れることで硝酸性窒素を少しは減らせる。
※「まだ肉を食べているのですか 著者ハワード・F・ライマン/グレン・マーザー」には糖尿病はインシュリンが足りないのではなく、血中脂肪レベルが高いため、インシュリン機能が阻害されてしまうと書かれている。


(参考)「野菜が糖尿病をひきおこす!?」著者 河野 武平 2000年12月15日 発行

b_02.gif







スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。