プロフィール

にゃん吉太郎

Author:にゃん吉太郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

肉と添加物は想像以上に恐ろしかった
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨にはビタミンK2が欠かせない?
無題


2008年4月1日読売新聞に「母乳だけで育てるとビタミンDが不足しやすい」「妊娠中、日光浴びないと!」
という記事が出て私は疑問を感じた。
粉ミルクには合成のビタミンDや他のものも栄養強化剤として、過剰になるかもしれないぐらいしっかり添加されているでしょうからビタミンDの不足は出ないでしょう。栄養強化剤といっても薬品で添加物と同じ危険を持っています。粉ミルクの添加物表示を見たことがないから分からないが、栄養強化剤として添加されたものは、「表示をしなくても良い」という法律もある。「食品・化粧品 危険度チェックブック」という本を見たのですが、合成されたビタミン類は結構問題ありっていうものが多いように思います。
こんなものを赤ちゃんに与えるものに使って本当に問題は起きないのか不思議でなりません。


ビタミンDは完全防備し完璧にUVカットしている人以外は冬でも皮膚で150~400IUのビタミンDを作ることができます。(ビタミンDの所要量は大人で100IU)
だから、この記事のビタミンDが不足というのはおかしな気がしてなりません。
この記事は「母乳育児ならビタミンDが不足」=「危ない」という感覚を頭に入れることが目的だと私は見ました。
そうできたら今後、母親になる人を粉ミルク派に出来る。なにより企業は儲けのために専門家を金で買うのです。それか、ビタミンD不足ではなくビタミンK不足の間違いなのではないかと私は見ました。
「微量栄養素ってなあに?」という本には「ビタミンKは母乳育児で不足することがある」と書いてありビタミンDは日光を極端に遮断していない限り不足はしないとなってあります。


丈夫な骨を作るにはカルシウム補給だけでもダメで、ビタミンDを足してもまだ不足で「ビタミンK」が丈夫な骨作りには欠かせないようです。もっと細かく言うとビタミンK2が骨には必要なようです。
ビタミンKは、離乳期以降は腸内で1日に1~1.5mgが細菌合成されるのですが、今はその菌が活動していない人が多いかもしれません。なぜなら抗生物質の服用で腸内菌は活動できなくなるからです。
現代人は薬という形で抗生物質を摂っていなくても、人が世話をしている家畜、養殖魚、牛乳、卵などに残留していることも多いからです。そしてPH調整剤という保存料の代わりに使われる添加物は、あらゆるところで使われています。これは菌の増殖を防ぎ食品が腐らないようになっています。
このPH調整剤は一括表示名でもあり、使用限度量もないので恐ろしいほど添加されていると思われます。
こんな添加物も体に入っていればビタミンを作ってくれるような良い菌は間違いなく死んでいるような気がしますよね。
ビタミンB2もビタミンKと同じく腸内で作られる仕組みになっていますが現代人はそれらをしっかり食事で摂るほかになさそうです。しかし、ビタミンK2は納豆ぐらいにしか含まれていないそうです(ビタミンK2の納豆については「食卓の怪談」を参考)
ということで、大豆が輸入されなくなったら日本は全滅ですね!・・・
ビタミンDやKは毎日摂る必要がある水溶性のビタミンとは違い体に貯めておくことができる脂溶性ビタミンなので妊婦以外はそんなに神経質にならなくて良いかと思います。

納豆にはK2を強化したものがあるようですが、これは何やら製法が怪しく普通の納豆を選ぶ方が良い気がします。簡単に言うと、突然変異法という紫外線などを2度照射し突然変異をさせ生き残った菌を培養するようです。こうすることで、目的以外の遺伝子を変異させてしまう恐れもあり、それがどのような結果につながってしまうかは分からない。この突然変異法は古くから行われているから安心だとメーカーは言っているようですが、ハッキリといつから使われているかは書籍(健康トリック 見てはいけない健康テレビ番組)には書かれていない。この「古く」は若者が最近のことを「昔」と発言するのと同じ感覚で使われているような気がします・・・


昔、日本人のカルシウム摂取量は300mgぐらいで、それでも十分健康だった。
今、日本人は600mgは摂っているのでカルシウム不足は気にすることではない気がするが、リンやナトリウムなど加工食品にはカルシウムを吸収を阻害するものが沢山使われているし動物性タンパク質はカルシウムを排泄する働きもある。
骨を丈夫にするには、カルシウムを体に入れることよりも体に(骨に)蓄えられているカルシウムが排泄されないような食事内容をすることが重要なのではないだろうか。



※サプリでビタミンDやKを摂ると過剰になってしまう恐れもある。
※ビタミンKは血液を固める作用をするので、血液を固まらないようにする薬を飲んでいる人は納豆やビタミンK1を多く含む緑黄色野菜を控える必要があるようです。




(参考)「微量栄養素ってなあに?サプリメントなしの生活術」発行者 安藤 節子 2003年2月28日 発行
(参考)「食卓の怪談 新あぶない食品物語」 著者 溝口 敦 1999年4月10日 発行
(参考)「食べてはいけない 加工食品の常識 「誠実」な食品の見分け方」著者 石堂徹生 2004年1月10日 (参考)「健康トリック 見てはいけない健康テレビ番組」 著者 三好 基晴 2005年5月1日 発行

スポンサーサイト

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。