プロフィール

にゃん吉太郎

Author:にゃん吉太郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

肉と添加物は想像以上に恐ろしかった
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納豆菌はすでにBSEに犯されている!
納豆菌の、この菌が何を食べて育っていると思いますか?この世で一番口にしたくないもの。
この世で一番危ないもの・・・
そうなんです。ずばり「牛エキス」なんです!きゃ~!!これはホラーでもなんでもありません!・・・
エキスは、ほとんどが輸入物で、添加物ではないから何の制限もなく特定危険部位も使用されている。

なぜ、菌にこんなもの食べさせる必要があるんですかね?原価が安いのが魅力なのですかね?
それとも動物性で早く成長する利点でもあるのですかね?
クズはクズでも、もう少しまっしな物があるのではないですか?
本当はカレーにも許せないが、カレーに牛エキスを使うのは肉製品だからまだ理屈も分かるしまだ納得もできる。でも納豆は肉を摂取しようと思って食べる食品ではないし、それでBSEに感染したら、たまったもんじゃない!残念なことに、これは納豆だけの話ではなく菌を使用した味噌、醤油、酒、酢などの菌もみな同じ食事風景だ。

BSEに感染した牛から作られたエキスを菌が食べれば、間違いなく菌はBSEに感染するのではないだろうか。牛など沢山の動物のプリオンを異常型に変えてきた海綿状脳症は種の壁を越えるのだ。
それを毎日のように食べる人間は一体どうなる!
私の推測で言うと菌はわずかに小さいから犯される進行もゆっくりで老人になる頃にやっと発症するのかもしれません。

世界は間違いなく狂っている!
きっと、BSEもガンと同じように病気になった時はその時で、しゃあない!(仕方がない!)みたいな部類の病気に捉えられているのでしょうね。
BSEの元を食べたからって死ぬのは何年も先なのだから食品を作る人らは「俺らは責任を取る必要もないし~」みたいに思っているのでしょうね・・・・・


「この食品だったらお金を出したい!」より引用↓
「味噌、しょうゆ、酒、納豆、酢などは、いわゆる醸造、発酵産業と呼ばれ、これらの酵母菌等の醸造菌が使われる。
昔は自家酵母を使っていた業界もいまはほとんどが○○発酵などといった会社から醸造菌の株を購入。
発酵会社は醸造菌を培養液で育てている。その培養液の主原料が肉汁、つまり牛エキスを食べ育っている。
日本でわずか3社という納豆菌の培養メーカーは肉汁使用を認めた。
プリオンは確実に醸造菌の体内に移行するのでプリオン汚染されている恐れも否定できない。
自家酵母使用なら安心。」とのことです。




                           (参考)「これを食べてはいけない」 著者 郡司 和夫 

                           (参考)「この食品だったらお金を出したい!」著者 船瀬 俊介 





b_02.gif
スポンサーサイト

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。