プロフィール

にゃん吉太郎

Author:にゃん吉太郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

肉と添加物は想像以上に恐ろしかった
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「使うな、危険!」著者 小若 順一 食品と暮らしの安全基金 オススメ本の紹介
DSC01233.jpg


2008年3月 1位

私はこの本を手に取る時に少しためらった。何かが、危ないと書いているのは想像がつくが、そんなのを気にしていたらこの日本では生活できなくなってしまう。
過剰に気にし過ぎるのは、ひ弱になってしまうんじゃないかとそんな風に感じ手に取りパラパラめくりながら本気で迷った。決して、すごい情報が載っているに違いないと飛びついたりはしなかった。
読んだ後になって思う。なぜ、私はこのような本に素通りしようとしたのか不思議で仕方がない。
この日本に居てそんなにひどい環境に居てるはずがないと、どこかで信じきっている自分がいたのかもしれない。
「平和で安全な国」という平和ボケ遺伝子がそうさせているのかもしれない・・・
ともあれ、食品企業の過剰に良いイメージはなくなったが、他の企業に良いイメージを洗脳された頭はまだ治っていなかったようだ。
この本で私が特に参考になったシャンプーと衣類の防虫剤。
この本には、他に掃除機、IH調理器具、フッ素樹脂加工、抗菌加工、ペットのノミ取り剤などの危険が載っている。
家電製品など購入前に読むとかなり参考になるし、特に妊婦や未来に赤ちゃんを産む予定のある人、アレルギーのある人にはかなりオススメ。
家庭に1冊置いて家族全員がしっかり目を通して欲しい。そんな本です。(2005年9月5日 発行)

スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。