プロフィール

にゃん吉太郎

Author:にゃん吉太郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

肉と添加物は想像以上に恐ろしかった
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エキスがこんなに恐ろしかったなんて・・
コストを下げるため、薬品で物体を作り、それにエキスで味付け。そして、食べ物とする。
エキスは風味付けだけでなく、そのような使い方もされる。
身近な食品の原材料名には、必ずといっていいほど書かれているこのエキス。
このエキスはどうやら「添加物」の分類には入らず、「食品」として優位な立場に居座っていた。
なので、特に規制がない。
エキスと聞いても、う~ん。薬ではなさそうだし、美味しくするためのものか?
怪しい添加物のひとつではなさそうだと名前だけで、疑われることをパスする許せんヤツ。

このエキスの原料は、肉や魚、野菜のクズ。
きっと、他にはどう考えても使い道のないような、残骸などだ。
金かけて育てたのだから、生き血まで利用してやるみたいで、これを口にしているのかと思うとゾッとする。
以前、牛由来のエキスは特定部位を原料にしていたそうで、狂牛病以来、止めたそうだがほとんど輸入もので絶対に使用を止めているとは限らない。BSE清浄国は特定危険部位を取る決まりもない
(清浄国とは検査体制が整っていないだけでBSEが発生していないという意味ではない)
食品衛生法でエキスに関する定義はないから何を入れても構わないという。
こんなに恐ろしいものが、ほとんどの物に使われている。
きゃ~!!!恐ろしき食の裏・・・
このことは、「これを食べてはいけない 著者 郡司 和夫」に詳しく書いてある。
この本は、食品ごとに項目が分かれていて、とても見やすく分かりやすい。
日本のすべての人にぜひとも読んでもらいたい、一冊。
私は、この本で食品の裏側にハマり引きこまれてしまった。


餃子業界では豚の皮を肉の代わりに使ったり、皮付きのまま豚一頭をミンチにするのは、一般だというではないか。
もちろん、きっと「食卓のお肉ができるまで」で牛がそのようにミンチにされる映像があったから
きっと頭や内臓、骨までもがミンチにされているのは事実だろう。
それが、スーパーなどでも売っている大手のものでもそうなのか?
「自分達が普段口にするものは別だろう。そんなひどいものは、自分達の口には周って来てないだろう。だって、美味しいし・・」
と、簡単には信じられない現実だ。
でも、どんなクズを入れようが味は添加物でどうにでもなるということを忘れてはならぬ・・

中国で加工された餃子などは業務用スーパーなどのみに回るのかと思っていたが、
結構いい加減な輸入品も大手に使われているのが現実のようだ。
私はCMなどのイメージだけで簡単に良いイメージを植えつけられていたアホな頭だったようだ。
危ないものが輸入されても、検査の結果が出るまではスーパーの棚に並べることができるので、検査済みで安心できるものだけが口に入るとは限らない。


たまに食べると美味しいあの豚まん。あれにも、豚由来のエキスが入っている。ヒィ~。。
もちろん肉だって、どこ産かなんて怪しい。具だって、加工品だからきっと中国産が多いのだろう。
小麦は農薬の残留が気になるアメリカ産か?(小麦には収穫後にたっぷり農薬がかけられる。アレルギーの元でもあるからアレルギーのある人は常食は控えた方が良いかもしれない)
そして、豚まんの中身は半分に近い40%が大豆カス(脱脂大豆)で、表示義務がないから
きっと遺伝子組み換え大豆のカスだろう。
脱脂大豆はヘキサン(発ガン性あり)、ベンゼンなどを使って抽出した油のカスなので、栄養価はないそう。
まあ、豚が多い方が安全か、大豆カスが多い方が安全か、それは分からないが、どっちにしろ
今まで美味しいと思っていた豚まんの正体がこれだったなんてガッカリだ。
ヘキサンは、工場などで使われる薬品で食品に使うのだから残留も考えられる。
農薬の残留が気になる野菜、エキス、抗生物質やホルモン剤を投与されたどこ産かも、どの部位使用かも分からないミンチ肉。
これだけ揃えば、もう口にする理由はない。もう、食べたいとも思わない。

食の色々な事実を知り少し寂しいような知らない方が人生楽しく過ごせたのではないかという思いもよぎる。
だってこの日本には美味しいものが沢山あるから。。。

食の裏を知り、食欲が抑えられ食べすぎもなくなっている。この点は、ありがたいことだ。一番のダイエット法かもしれない。
美味しいものを食べに行ったり旅行というものに魅力を感じなくなったのは、少し寂しい。
でも、この現実が偽りのない現実。美味しいものが溢れ簡単に食べられるなんておかしい。
ここは天国ではない。


                     (参考) 「これを食べてはいけない」著者 郡司 和夫 


b_02.gif

スポンサーサイト

テーマ:食べ物 - ジャンル:ライフ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。