プロフィール

にゃん吉太郎

Author:にゃん吉太郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

肉と添加物は想像以上に恐ろしかった
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カスタードクリームにはこんな裏があった!
2007年不二家がシュークリームに賞味期限切れの牛乳を使用し大騒ぎとなりました。
しかし、視点を変えて見れば不二家は本物のカスタード作りをしていたことになる。
現在、手作りを売りにしているシュークリーム店でも業務用の偽カスタードクリームを使うところが多いというではありませんか・・・
その偽カスタードには、牛乳を使用することはなく、でん粉や硬化油製のクリーム状物質などの混合物に甘みや香料、着色料などを足し、再現しているそうです。
シュークリームの皮なども、このような偽製法で作ることができ利用されているそうです。私達は知らずと大量の添加物を口にし、紛れもない偽物を買わされているのです。
まさかこんなところで添加物を摂っているとは、ほんとビックリです。使わなくても良いところにまで広がっているこの食品詐欺は悪質としかいいようがありません。本物はコストもかかり、技術もいるということで誰でも簡単に作れる「業務用偽お菓子作りキット」がひっぱりだこのようです。
最近では卵自体が合成着色料によって黄色くさせられているのですから、本物のシュークリームにも合成着色料は入っていることにはなるんですよね・・・

今度専門店のシュークリームやクリームパンを食べる機会があればクリームをよ~く観察してみてください。
もしかしたらスーパーなどよりも大量の添加物が使われている可能性もありそうです。素人が見て、食べて判断できるのかどうかは分かりませんが・・・
このカスタードクリームの着色にはきっと黄色4号が使われており、知らずにアレルギーをひどくするのです。
先ほど出てきた硬化油製とはパーム油などに水素を添加して硬くした油と著書には書いてあります。いわゆるマーガリンだと思いますが、このパーム油にはパーム油か煮干しにしか使えないBHAという酸化防止剤が使われています。
BHAは一時は全面禁止を検討されたほどなのですが他国の商品に使われているものが多く禁止してしまうと輸入ができなという理由で禁止は取りやめられました。そしてこのパーム油は添加物で処理をしなければ臭くて食べられるような代物ではないそうです。きっと、ガソリンのような感じでしょうね・・
まあ、加工品の植物油はほぼパーム油(BHA添加済み)使用とみて良いと思います。

けど、不二家のシュークリームは確実な無添加ではありませんが、偽カスタードを使用していないことは、
かなり高ポイントなのではないでしょうか?
食品に食中毒は切っても切れない縁です。食中毒が怖いなどという理由をつけ牛乳を使わない偽クリームなど使用するものなら初めから食品作りに携わらない方が良いと私は思いますが・・・




             (参考)もっと食品を知るために 暮らしの手帖編集部 監修 磯部晶策

             (参考)食品のカラクリ そうだったのかこの食べ物! 別冊宝島 執筆者 郡司 和夫 




b_02.gif
スポンサーサイト

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。