プロフィール

にゃん吉太郎

Author:にゃん吉太郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

肉と添加物は想像以上に恐ろしかった
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食料自給率を上げるには国民の行動が欠かせない!
DSC01271.jpg


みなさん、自給率の低さに危機感を持っていますよね。だったらまず肉を減らし米を食べる和食を見直しましょう。

2006年の食料自給率は39%。政府は2015年度には45%に上げる目標を掲げているそうです。
9年で6%上げるのでも今のまま肉食をしていては、達成は無理に近いようなことが新聞には掲載されていた(2008年2月5日読売新聞より)
日本人が今の食生活のまま自給率を100%に引き上げるには飼料用も含め現在の約4倍弱の約1700万ヘクタールもの耕地が必要みたいです。

牛を1キロ太らせるのに、11キロの飼料が必要。(牛の体重は多くて一頭1000キロ)
豚を1キロ太らせるのに、7キロの飼料が必要。 (豚の体重は多くて一頭400キロ) 

そして毎日、日本では5千頭の牛が殺されている。想像が付きませんが日本人はそんなにも消費している・・・その中で、どれだけ破棄になっているのでしょうか・・・

企業発展、経済利潤を絶対になくさない日本政府に食料自給率を上げることは無理に等しいようにも思う。
そして、肉が大好きな日本人はきっと肉をやめないであろうと政府も読んでいるかもしれません。
そして、自給率を上げることが出来なかった場合に「国民が肉を変わらず消費し続けたのだから仕方がない」と言い訳する政府の姿も想像できる。
まあ、こうやって、脂質を減らせと新聞でも書いてあるのだから国民が動かなかった場合そう言われても文句は言えないのである。


食料自給率低下の根本原因は、国絡みのウソで牛乳を国民に飲ませる活動に始まり、米は太るなども広め動物性食品に目をつけた政府だ。洋食を好むようになった国民に問題があるのではなく国のウソが、いい加減さが食料自給率をここまで下げさせたのだ。
フランスでは、国が地元のパン屋さんがつぶれないように守っています。
だから、フランスでは安心して食べられるパン屋が今でも沢山残っているのです。
自給率を守る対策もなしに乳製品や肉類を進め広めてきて自給率を下がった原因を国民の嗜好が変わったせいなどと書く新聞も政府のグルなのか?

イタリアは以前、今の日本と同じような低い自給率だった。
イタリアは日本と違って、地元の食材を買う、食文化を大事にすることなどしっかり親から子に伝えているのでしょうね。そんな教育も含め、農業をする人が安心して作れるような安定がきっとあるのだと思う。
だから確実に自給率を100%にまで上げたように思います。


そして、ここで毎日の食事を作る流れを提案したいと思います。
和食の基本形(米1茶碗、汁1茶碗、豆類半茶碗、野菜2茶碗、魚半茶碗)を作るつもりで材料を買ってきます。この基本形は「脱コンビニ食!」著者 山田 博士より参考にしました。
そして、おひたしや焼き魚などの基本の和食を作るもよし。これと、これを組み合わせて洋風にしようかなど材料を眺めその場でちょっと頭をひねります。
野菜、海藻、豆、魚を組み合わせて1皿のサラダにしてみたり、スープにしてみたり、卵でまとめれば洋風の1品も出来上がります。
毎日摂ると良いと言われている豆類、海藻、ごまなどは簡単に米や料理に混ぜ摂取できるように用意しておきましょう。
味噌汁を献立から外す日にはかつおぶし、煮干、昆布、椎茸などの粉末を工夫して摂ればカルシウム不足も心配なく良いかもしれませんね。
和食には油はあまり使わないので、使うのもほどほどにと頭に入れておく。(リノール酸は必須脂肪酸だが1日にご飯を2膳食べれば十分補充される)
小麦も日本のものではないしポストハーベストの残留も大きいので、できるだけ使わない日を多くする。
ひじきはたっぷりの水に30分は浸けて置き1週間に1度ならヒ素は気にしないで良いので賢く利用しましょう。煮干には発がん性のため一時は全面禁止を検討されたBHAという酸化防止剤が使われていることも多いので買う時には少し注意した方が良さそうです。
和食を摂るなら昔ながらの基本形でなければいけないという決まりはないと思います。
昔ながらの基本形に当てはめた材料をアレンジすることで、きっと日本人の体にあった体に良く飽きない日本食ができるはずです。

その際、旬のものや地元(日本)で取れた食材にもっとレパートリーがあれば言うことなしなんですけどね。
自給率の低い今の日本にそれを求めることは無理か・・・



b_02.gif

スポンサーサイト

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。