プロフィール

にゃん吉太郎

Author:にゃん吉太郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

肉と添加物は想像以上に恐ろしかった
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食パンがジャンクフードに入るんだって!
ジャンクフードと聞くとファーストフードやスナック菓子のことを指すのかと私は思っていたのだが、
食パンもジャンクフードにあたるんだって!ん~ショック・・・

正確に言うとジャンクフードというのは、精製され微量栄養素が除かれた小麦、製造段階で栄養素がなくなる油、精製され微量栄養素が除かれた砂糖のこの3点で作られた製品すべてを指すそうだ。
精製され微量栄養素がなくなっている食品をアメリカでは「エンプティ=からっぽ」と呼ぶ。
日本人が良く朝食に利用している食パン。これもジャンクフードにあたる。こんなものを当たり前に朝食にしている日本はおかしい。
私達の周りには、食パンだけでなく恐ろしいほど身の回りにからっぽ食品は転がっている・・
白米は玄米ほどではないが微量栄養素が残っているので「エンプティ=からっぽ」には入らない。
人間の体はバランスが大事で、微量の栄養素でも欠けると体調を崩す。
亜鉛は骨の代謝に欠かせない微量栄養素でご飯にも含まれる。カルシウムを補うため牛乳を飲むよりご飯を食べる方が先決とも言える。
日本人がカルシウム不足なのは微量栄養素がなくなったジャンクフードばかり食べていることも関係ありそうですね。そして、亜鉛不足は味覚障害なども引き起こす。
ご飯を主食にしていれば亜鉛不足の心配はいらない。こんなバランスの取れないジャンクフードを主食にするのは早くやめた方が良い。

小麦はアメリカ産などで輸送中、腐らないようポストハーベストがたっぷりかけられている。
途中、港に寄ればそこでもまた念のためかける行いもポストハーベストの使い方の一つ。
(ポストハーベストには強力なものも多く、アレルギーの原因にもなる)
本来、異常な量の農薬散布で枯れてしまう小麦が、遺伝子組み換えによってそれに耐えうる性質を持った小麦が現在はある。
昔以上に小麦はいただけないものになりつつあるのかもしれないですね。

パンは油を使っているので酸化も起こす。油脂を使用した商品は酸化し遺伝子を傷付けたり老化を早めたりアレルギーやガンの元だったりする。(古い白米も酸化が考えられアトピーの人には良くない)
精製された砂糖は血糖値を急激に上げ病気の元になる。果糖ブドウ糖液糖は、砂糖以上に血糖値を急激に上げるから要注意。
砂糖(果糖ブドウ糖液糖)は色々な加工品に入っていて知らぬまに口にしてることも多い。
現代は子供の糖尿病が多いそうだから、砂糖が危ないことを知らないと本当に危ない。
食パンの中には、マーガリンやショートニングを使用したパンもある。マーガリンはドイツではすでに禁止されている非常に体に悪い食品である。
パンには精製された食塩だって入っている。小麦や油は遺伝子組み換えの可能性も高い。
大手メーカーのパンに限らず、一部のパンを除き美味しいパン屋さんのパンもジャンクフードになる。
なんだか悲しい現実だ・・・
全粒粉使用のパンなら良いかというと、全粒粉の方がポストハーベストの残留が大きいので、こちらも良いとはいえない。

米の主な成分は炭水化物で炭水化物は糖で成り立っている。この糖はゆっくり吸収されるしパン食よりもエネルギーの持続性もある。脳にはこの自然の糖が欠かせない。
「あなたの脳にお砂糖は足りていますか?」というあの有名な?CMがあるが、人に精製された砂糖はまったく必要ないが炭水化物からの糖は不可欠だ。
(この食品だったらお金を出したい!著者 船瀬 俊介より参考↓)
そして、白米のたんぱく質は玄米(100%)の79%も残っている。米は肉や大豆、牛乳に並んで優秀なたんぱく源といえる。

現代人はヘタしたら一日米を取らないことも珍しくないが、見た目のバランスが良い献立でも精製されたパンや麺類でちゃんとした食事をしたなどいう感覚は早く捨て去った方が良いかもしれない。
白米は炭水化物のかたまりで太るみたいなイメージが強いが、精製された砂糖や油が入っているパン以上に太るなどありえない。(食パンは甘みが薄いがしっかりと砂糖を使用し作られている)
「白米=太る」というのは、どこかの誰かさんが国民をパン食に走らせパンに合う乳製品や動物性食品を消費させるためについたウソだ。動物性食品は経済を発展させることを知っていてその道に誘導した。これが地獄への誘導の始まりだとは国民は思いもしなかっただろう。
日本の農家の方が大変な想いでお米を作ってくれているのに、農家を守ろうとも米を広めようとも考えなかったどこかの誰かさん、日本人であることは間違いない。
フランスでは安全で安心して食べられる地元のパン屋がつぶれないように国が守っている。フランスとはえらい違いだ・・・

日本のお米は美味しい。農薬などまったくないとはいえないが、上に挙げたようなパンに比べれば安心して食べられるありがたいご馳走だ。
アメリカで作られた小麦などに投資するより日本の農家の方が作ってくれたお米にもっと投資しよう。
私達が守らないと、こんなに素晴らしいお米は本当に消えていってしまう。


私は、昔から朝食にパンをよく利用していたが、
こんなにひどいものと知っていたら朝からご飯は食べ辛くてもご飯を選んだに違いない。



             (参考)子どもの体が危ない 知らずに食べている危険な食品 著者 幕内 秀夫 
                                                  2007年6月8日 発行



b_02.gif

スポンサーサイト

テーマ:小学生の子育て♪ - ジャンル:育児



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。