プロフィール

にゃん吉太郎

Author:にゃん吉太郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

肉と添加物は想像以上に恐ろしかった
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年2月9日 米国へたり牛29頭出荷
食用禁止の歩行困難牛29頭が食用に…米内部監査

【ワシントン=広瀬英治】
BSE(牛海綿状脳症)感染予防のため米国内で食用が禁じられている歩行困難な牛が、
2004年6月中旬から05年4月中旬までの10か月間に、29頭も食用に処理されていたことが、
8日までに、米農務省の内部監査報告書で明らかになった。
このうち20頭は歩行困難になった原因も特定されておらず、米BSE検査体制のずさんさを改めて裏付ける内容となっている。
報告書によると、同省監察官事務所が立ち入り検査した12の食肉処理施設のうち2施設で、この違反が見つかった。
BSE感染牛は神経症状から歩行困難を示すことがあるため、農務省は04年1月から、原因にかかわらず歩行困難な牛を食用に回すことを禁じている。
この2施設では監査に対し、「農務省の検査官が、明らかにBSEによるものではないと判断した歩行困難牛を食用に回した」と説明しているが、20頭は歩行困難の原因も記録されていなかった。
(2006年2月9日11時9分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe4700/news/20060209i103.htm


アメリカ政府(肉食をすすめてる人間)からこんな声が聞こえてきそうだ。
「BSE感染した肉を食べたからって症状が出て死ぬのは8年以上も先のことだ。そんな先の心配してうまい肉を食べないのはおかしい。
この牛肉処理に不満がある人間は、将来タバコの被害が出て死ぬ危険を知れば、タバコを止めるのか?
・・・
それと一緒だ。
何を摂ってもいずれ被害が出る。細かいことを言うんじゃない。


ひとつ言えるのは、この時代に肉を食べるということは、いずれ死ぬ死因のひとつを作るということ。
そして、早ければタバコ以上に早く最期を迎えるということ。
そして、死んだ原因はあやふやにされ政府は批判されることもなく悔しい想いで死んでいくということ。

※死因をあやふやにされるという意味は、狂牛病に感染したにもかかわらず、よく似た疾患として処理されることは、十分考えられる。(私は自分が狂牛病に感染した時のことを想像すると、絶対ごまかされるなと予想できてしまう。)
素人が病名が違うであろうと詰め寄っても医者がそうだと言えば本当の病名など知ることは不可能だ。
私はこのような怒りで最期は迎えたくない。タバコを吸って死を迎えたとしても自業自得だとわかっているから、このような怒りは沸かない。
医者が書いた書籍でもタバコと狂牛病を例えにしていたが、タバコと狂牛病を比べるなんておかしな話である。



b_02.gif
スポンサーサイト

テーマ:焼肉・ステーキ - ジャンル:グルメ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。