プロフィール

にゃん吉太郎

Author:にゃん吉太郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

肉と添加物は想像以上に恐ろしかった
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メディアに洗脳され個人の言葉が届かない。。
私の知り合いに、私が書籍を片手に食品が危ないと教えてあげると「何でも悪い悪い言うな」「何でも信用するな」という人がいる。
それを聞いてまあ~なんて、無関心というか、無責任だなと感じました。
80年代ぐらいには添加物などは悪いと言われ書籍も出ています。
その時代の人たちが悪いことを知りできるだけそのような食材は利用しないように生き、子どもにも伝えていれば現代はもっとベジタリアン食も広がり、こんなに病人や不調の人間が出なかったのになと思ってしまいます。
その私の知り合いはこれといって辛い症状(アトピーやアレルギー)に悩まされていないので、食欲を抑えるのが難しく「何でも悪い悪い言うな」とまあ、見て見ぬふりで生き通そうとするのでしょう。

そして、人は身近な人間が言う言葉よりも、同じ情報でも他人から聞いたことには、疑わずにすんなり受け入れられるところを持っているように思います。
なので、その知り合いに身近な私が牛乳が体に悪いと話しても、メディアから洗脳されしきった頭には届かないようです。
ですが、そのような人でもきっと、メディアで牛乳は良くないと流れたらその時にはすんなりと牛乳を止める気がします。

政府や大手企業、マスコミに育て上げられたのが日本人。表沙汰には分からないが国民を知らずと支配していてまるで北朝鮮のような国。それが、本当のニッポン。

日本の自然は美しい。個人の日本人も好きだが、この日本政府に嫌気がさしている。

食が悪いと知る機会に出合っても、この政府絡みの洗脳を受けた脳には届かないこともあるということ。
政府はそれほど重大な悪をやっているつもりはないかもしれないが、そうとうひどい人間の行いであるということを忘れないでいただきたい。



b_02.gif

スポンサーサイト

テーマ:離乳食・幼児食メニュー - ジャンル:育児



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。