プロフィール

にゃん吉太郎

Author:にゃん吉太郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

肉と添加物は想像以上に恐ろしかった
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年2月2日豚の脳を吸い込み神経障害 やっぱり豚にもBSEは感染していた!
豚の脳吸い込み神経障害か、米で食肉処理作業員が発症


2月2日14時39分配信 読売新聞
 【ワシントン=増満浩志】米国の豚肉処理場2か所で、作業員たちが原因不明の神経障害を相次ぎ発症したことが分かった。
 2社とも、豚の頭部から脳を高圧空気で吹き飛ばす装置を使用、患者の多くがその近くで働いていた。
米疾病対策センター(CDC)は「脳組織が微粒子となって空中に飛散し、作業員が吸入、または粘膜から吸収した可能性がある」と推定。
疫学週報(電子版)に発表し、「似た症例があれば報告を」と呼びかけた。
 患者はまず、ミネソタ州の工場で見つかった。21~51歳の男女12人が2006年11月から07年11月にかけ、筋力の低下やまひ、知覚異常などの症状に襲われた。症状は最長で7か月間続き、2人が入院した。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080202-00000036-yom-sci
この上のアドレスに掲載されていた記事なのだが、2月8日にブログに載せる前にサイトに確認に行ったら
「指定された記事またはカテゴリは表示できませんでした。
記事がありません、既に削除された可能性があります」とこのようにすでに削除されていた。
ニュースとして取り上げたことが、こんなに早く処分されるのか?
そこのとこは、よく分からないがきっと餃子中毒事件で、騒がれている時期だから
消費者の肉離れに焦った人間が削除させたのだろう。
この事件自体にゾッとしたのだが、この封印されたことで、より増してゾッとしている。

きっと、このアメリカの豚は狂牛病に感染しているように思う。
狂牛病は牛だけでなくあらゆる動物に感染する。
豚が感染したという報告がないのは感染していても発症までに殺してしまうから分からないだけだろうとのこと。
そして、人がBSEに感染したら5年でも発症する。
人がBSEに感染し発症するまでには何十年かかる場合もあれば数年で発症することも当然考えられる。
今回のように脳の微粒子を浴び筋肉麻痺を起こしているのだから間違いなく狂牛病に感染したであろうと言いたいところだが、この情報だけでは不十分。この病気にかかると100%命を落とすからだ。
でも、そう見てもおかしくない事件だ。

2000年の第二次狂牛病発生当時、フランスではTボーンステーキが姿を消している。
狂牛病に感染した骨を切断する際、脊髄組織がはみ出し、肉に付着すると狂牛病に感染する危険があったからだ。
狂牛病に感染すると、物忘れや頭痛に悩ませるようになり、歩行困難で足がよろめき始め、幻覚症状を起こす。体の筋肉は麻痺し発作やけいれんが襲う。痴呆が進み自分が誰かさえも分からなくなる。
立つことも、話すことも、見ることも、食べることもできず衰弱し死んでいく。

肉を知れば知るほど恐ろしくなる。世界の大半が狂牛病(ほとんどは旧ヤコブ病かアルツハイマー、若年性痴呆症などと処理されるであろうが)で死ぬという先日までは考えられなかったような未来も想像できてしまう。
全世界肉の消費は減少してるのに売れ行きを伸ばしているのは先進国では日本だけ。
温暖化や、遺伝子組み換えなどよりもこんなに狂牛病が恐ろしいなんて思いもしなかった・・・


                    


                        参考)「早く肉をやめないか?狂牛病と台所革命」著者 船瀬 俊介





b_02.gif


スポンサーサイト

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。