プロフィール

にゃん吉太郎

Author:にゃん吉太郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

肉と添加物は想像以上に恐ろしかった
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山崎製パンの儲け主義には気をつけろ
添加物と聞いても、とても美味い味は想像できないが、古米を新米並みに美味しくすることができるのだから
想像とは違い添加物は色々と美味しい味を再現できるようだ。


私は最近、食の裏や添加物の本を読むようになり、グルメ番組などを見ても美味しそう!とか、食べたい!と思うことが激減した。
今まで、「添加物が体に悪い」というその言葉のみを知っているだけで、どう悪いかの中身は全く知らないと
いってよかった。
何にでも入っているものだしそんなこと気にしていたら食べるものがない。
そんなに悪いものを大企業が入れるはずはない。
原材料を見て購入しないといけないのはアトピーを持った人だけ。そんな風に思っていた。
あの化学薬品名を理解しようと思ったら膨大な知識と時間がいるように思え、学ぼうとしなかったのだ。
そんなことを学ぶのは面倒くさかったのだ。
健康に害の及ばない範囲だと言われているしある程度、食に気をつけていれば、大丈夫だと思っていた。
でも、それはある程度添加物のことを知った上で言える言葉であると実感している。
我が子や孫に影響が出て初めて気づくのでは遅すぎる。

許せんひとつに山崎製パンの臭素酸カリウム入りパンだ。薬(添加物)を使って超ふわふわにしている。
山崎製パンの臭素酸カリウム入りは、ざっと7点にも及ぶ。
「ランチパック」「国産小麦食パン」「サンロイヤル ファインアローマ」「超芳醇」「芳醇」「超芳醇 特撰」「カルシウムブレッド」
山崎製パンの臭素酸カリウム入りのパンだけは儲けさせる訳にはいかない!
これが売れると消費者は原材料に何が入っているかなんて無関心だと思われてしまう。
そして、不必要な添加物がドンドン使われる世の中になってしまう。
自分には、さほど影響はなくても我が子か孫には何らかの影響があるのが添加物であると言い切っても良いのではないだろうか。

添加物は、薬のくせに苦味がなく無臭で、そこにあるのが実感しにくいが、
私は多数の殺虫剤が何層にもなって付着しているのだと想像するようにしている。
消費期限切れの食の安全にうるさくなれる日本人。なら、次は添加物に注目してみませんか?
何を入れても分かる人間など少ないと思われているから企業は余計な添加物まで使い危険な商品をも堂々と販売するのです。そして、ふところをぬくぬくさせ生活している。ああ、許せん!

多少食べたからといって死にはしません。でも、こういういい加減なことをしている企業のものを
購入しそんなものに出費してると思うと腹が立ちませんか?
私の場合、利益優先で完全に安全とは言えないものを売っている企業の商品など一切買ってやるかと思ってしまいます。


そして今、消費者の間では山崎製パンの臭素酸カリウムが騒がれ、以前より売れ行きが悪くなっているのでしょう。そこで、山崎製パンは、この時期に臭素酸カリウム入りのパン購入者対象に、ちゃっかりキャンペーンを行っている。
知らない消費者対象に景品を獲物に、売れ行きの悪い商品を売りつけ顧客をつかもうという魂胆であろう。。。


臭素酸カリウムが悪い理由はこちらを参考に。
「これを食べてはいけない」著者 郡司 和夫より参考↓ 
「1980年ラットを使用した動物実験で発ガン性を確認。その後各メーカーは自粛したが2004年山崎製パンが使用再開。
技術の開発で臭素酸カリウムを添加しても最終段階には残留しないという。
使用理由を、ソフトで歯切れが良くなる、パンには合わない国産小麦100%でも作れ食料自給率向上になるとしているが、実際は傷み防止と発酵時間の短縮でコストを下げるのが目的のようだ。」



b_02.gif
スポンサーサイト

テーマ:パン - ジャンル:グルメ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。