プロフィール

にゃん吉太郎

Author:にゃん吉太郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

肉と添加物は想像以上に恐ろしかった
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飢餓のおかげで贅沢三昧
アグリビジネスという世界の食糧流通をコントロールする商社があり、
そのひとつの穀物メジャーは発展途上国の土地と労働を使いながらその国の利益を守らず、
先進国向けの換金作物を生産して儲けている。
世界の5億が飢餓。アフリカは1億5千万が飢餓。
飢餓のサイクルがこんなところにもあったなんて。。。

「肉食が地球を滅ぼす 著者 中村 三郎」には、このような一文もある。
「食糧自給率の向上はその国の義務であり、世界の常識である」

食糧自給率がない日本ってほんと最悪なんですね。
私達の国に輸出するために自分たちの食べ物を作る土地を奪われ、そして、救援物資を受けている間でさえ、輸出は止められない国の人達。
私達の国に食べ物が途切れなく溢れているのは、他の人が食べるべきはずの土地で作られたものが周ってきているからだ。
食料自給率を上げれば、飢餓も減らせるということ。
イタリアは、以前日本と同じような食料自給率だったのに今はほぼ100%というではないか。
食料を輸入することが、その土地の飢餓を生み食糧不足にしているなんていう常識を私は知らなくても国が知らないはずはない。
知っていてよく今までズルズルとこの食料自給率の低さでやってこれたものだ。


  参考「肉食が地球を滅ぼす」 著者 中村 三郎




b_02.gif




スポンサーサイト

テーマ:食べ物 - ジャンル:ライフ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。