プロフィール

にゃん吉太郎

Author:にゃん吉太郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

肉と添加物は想像以上に恐ろしかった
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お願い!子牛だけは食べないで!
子牛肉はミルクをたっぷり飲んでいるからピンク色した軟らかい肉なのではなく、鉄分を抜かれ筋肉を発達させないように立ち続けさせた結果の肉質なんだって!これは本当にかわいそすぎます!

子牛肉になるのは乳牛として価値のないオスで、産後すぐか、その日のうちには母牛から離され
母乳さえ取り上げられ、強力な抗生物質の入った代用乳が与えられる。
肩幅より若干ゆとりのある木枠の中に閉じ込められ首を鎖でつながれ、立ちっぱなしで4ヵ月も耐え続け、
開放されたかと思うと無残にも殺され食肉とされる。
体の向きを変えることすらできず倉庫のような暗闇の中で4ヵ月を過ごすのだ。

子牛はミルクプレイサーと呼ばれる、鉄分と繊維質を除いた液状のエサだけを食べさせられホワイトヴィールやミルク育ちと謳ったヴィール牛として高価に売られる。(ヴィールとは料理用の子牛のこと)

私はこの光景を映像で見たかのように、焼きついていて頭から離れない。
今も、遠いところでこのように生きている子牛がいるかと思うと、目頭が熱くなる。
何とかしてやりたい、何とか助けてあげたい。。。
なぜ、成牛よりも子牛の方に強い怒りを感じるのか自分に問いかけてみた。
人間世界でも大人以上に子どもは守られないといけない存在だし本来喜びに満ち牧草を走り周り、
接すれば愛情豊かに応えてくれると想像しやすいからかもしれない。

これは、虐待としか思えない。後ろを振り向くこともできない。4ヵ月も同じ体勢で、どれだけ辛いだろう。
血の気の少ない軟らかいピンク色の肉として販売するためにおかしな食事のみだけで生かされる。
動物虐待だ。
きっと、犬や猫ならわめき散らし、うなり、噛み付いてくるかもしれない。
あの大きな体で草食動物の牛。性格の穏やかさを上手く利用された牛はあまりにも可愛そう。
そして、「もう肉も卵も牛乳もいらない」にはこんな風に書かれていた。「ヴィール牛は抵抗無しにこの監禁状態を受け入れている。立ち並ぶ木枠に押し込められた子牛たちは恐れても怒ってもおらず、ただしょげかえっているだけに見える。木枠の中で立ったまま運動もせず日々無気力になっていき困惑と悲しみに耐えているように見えるのだ。」と。
そして私はこう思う。
子牛は自分を保つだけで精一杯なんだと思う。筋肉も異常に弱くなって身体の苦しみに絶えるのに必死なんだと思う。だから怒ったりする余裕さえないのだと思う。気力はしっかりしてるはずだ。人間なら気力も失い絶えられずおかしくなっているはずだ。牛は人間以上に立派に強い気力と精神を持っているはずだ。
こんな虐待にもしっかり耐えているのだから。


人間は動物を助けたりもするが一方でこんなむごいことをして平気なんですから人間に悲しくなっちゃいますね。

目には涙をにじませ、私たちには計り知れない地獄で生きている。
貧血にさせ筋肉を落として作る肉。
それを、購入するどれだけの人がその製造工程を知っているのだろう。
あなたはそれを知ってもまだ食べれますか?
それでも、まだ食べ続けますか?
というか、本当に食べないで!とお願いしたい。



(参考)「肉食が地球を滅ぼす」 著者 中村 三郎)
(参考)「もう肉も卵も牛乳もいらない」エリック・マーカス 訳 酒井泰介  


b_02.gif

スポンサーサイト

テーマ:食べ物 - ジャンル:ライフ

病気で死ぬ寸前の肉が売られている
家畜には、大量の抗生物質、ホルモン剤などが投与されている。

ホルモン剤は発がん性があるため1979年に人にも家畜にも禁止されているっていうのに、その後も使用を続け赤ん坊が異常に発育するなどの異常が、確かに人間に被害が出ている。また、アレルギーを起こす原因でもある。
ホルモン剤使用の理由は、成長を早めるため。成長するにしたがって筋肉が荒くなって肉質が硬くなるのを防ぐためなどがある。現在、日本では使われていないみたいだが、輸入は許しているから意味がない。(現在、日本では天然ホルモン剤は使用しているかもしれない)

そして抗生物質は、多くて10種類近くも使用し未然に病気を防いでいる。(損害を出さないため、儲けのため)もし自分が病気になった時、抗生物質が効かずに助かるはずの病気で死ぬことだって実際に起こっている。
出荷の一週間前には抗生物質を使用してはいけないようになっているが、守らないところが多いそう。
きっと、自然に反する飼育環境のひどさを目の当たりにしている生産者ならではの生産者側の正しい判断なのだろう。その一週間でも抗生物質を切らしてしまったら、途端に病気を発症させてしまいそうな危険な飼育をしているということが、これでよく分かる。
いずれにせよ、生育時にそれだけ大量の薬を体に入れた家畜は例え死体になったからといって人間に被害がないような量ではないということ。
病気にならないため、生育を早めるため、すべて薬の力で進めてるのだから、現代の肉は本来の動物の肉ではない。命を利用した薬品たっぷりの物体だ。
抗生物質を使用することはアメリカ、日本でも認められているが、EUでは抗生物質を使用した肉の輸入は禁止している。
禁止措置をするぐらいだから、ここでも危ない薬だということが感じられる。


「家畜を解体する際検査をし病気を発見したら全部破棄か内蔵など一部破棄になる。その病気の割合を罹病率というが、食用になる家畜の過半数が病気。罹病率 牛76.4% 豚66.3%」
(参考)「子どもの体が危ない 知らずに食べている危険な食品」 著者 幕内 秀夫 2007年6月8日

今売られている肉は病気で死ぬ一歩手前で殺された肉ということ。
病気を防ぐはずの薬も使いすぎで病気を引き起こし、極度のストレス、餌の過度の詰め込み、極度の貧血状態など・・・
草食なのに肉を混ぜられ牛や豚は気分が悪く今にも吐きそうな状態で体の中はきっと悲鳴を上げているに違いない。


b_02.gif


テーマ:食べ物 - ジャンル:ライフ

成型ステーキって加工品になるんじゃないの?
成型ステーキって霜降りも作れるし、出来上がったものは見分けが付かないぐらいの出来栄えになるんだって。
原料には、老廃牛や、横隔膜などの内臓についた肉を吸引して利用するというのだから、ああ気持ち悪い。。
その工程では肉を固めるために、色々な薬(添加物が)が使われている。
その中のカラギーナンという添加物は下痢や脱毛症状も引き起こす薬。ポリリン酸塩という腎臓障害のある添加物も使用。
でも、添加物以前の問題でこんな肉自体を食べた時点で胃腸の弱い人などは、体が受け付けなくて何かしらの影響を起こしているようにも思いますけどね。
これだけ、食の宝庫に見える日本でも破棄されるようなものを、うまく利用し商品化。だからこのような食の天国が出来上がるのだ。
そして、さも美味しそうに売っているのがこの日本。
「100g1000円以下のステーキは成型ステーキと覚悟すべき」とも書いてある。。。
でも、健康に気を使う人はあまり肉は食べないであろう。だから、そもそも肉は健康に気遣っていない人を対象にした商品なのかもしれない。
ということで、健康に気遣っていない人が食の安全だけを求めるのはどこか矛盾しているようにも感じる。






                                    参考「これを食べてはいけない 著者 郡司 和夫」


b_02.gif



テーマ:焼肉・ステーキ - ジャンル:グルメ

放射線を浴びた肉を販売
アメリカでは食肉に放射線をあてることを許可しているんだって。
放射能汚染食品とは、全く違うらしいが、放射線を当てていることにはかわらない。
仕組みはよく分からないが、そんな恐ろしいものが食えるか!って思いません?
日本も、じゃがいもにのみ放射能照射を認めていることから、アメリカからその肉を断ることが出来ず、
そのうち日本にも並ぶことが予想される。
私達はどうやら家畜のように考えられているようだ。。
日本のじゃがいもにもビックリだが。。


                       参考「肉食が地球を滅ぼす」 著者 中村 三郎



b_02.gif






テーマ:焼肉・ステーキ - ジャンル:グルメ

WAGYU(和牛)だって!笑えるじゃないか。。。
豪州産和牛とは、日本から和牛の精子と卵子を輸入し受精卵を作り地元の豪州産の牛のお腹で育てること。
そして、WAGYU(豪州産和牛)として販売。
さらに、豪州産和牛と豪州産を交配して生まれた牛を日本でも日本産和牛として売られている。

 
                             (参考)「食べてはいけない」の基礎知識  著者 石堂徹生


                               
以前、日本産を購入してるのに甘味が感じられなくて美味しくないな~と思うことがあった。
違法でもない、こんなWAGYUが出回るは、輸入した牛を3ヶ月(豚は2ヶ月、それ以外は1ヶ月以上)日本で
飼育すれば違法ではない国産が出来上がるんだから、国産でも美味しくなくて当たり前か・・
「国産・鹿児島県」や「国産・松坂」「神戸牛」の表示だって可能だっていうんだから、牛のブランドも落ちぶれたものだ。
                                                      

                           (参考)新しい食品表示の見方がよくわかる本 著者 佐藤達夫




b_02.gif

テーマ:焼肉・ステーキ - ジャンル:グルメ

狂牛病をQ&A方式で解説 BSE(海綿状脳症)
全頭検査してるから安全なんじゃないの?

日本で確認された最低年齢は1歳11ヵ月。今の時点では、これより若いと異常プリオンが体内にあっても(感染していても)検査で確認することはできない。
検査で陽性が出るのは発病した牛か発病直前(数ヶ月前)の牛に限られ、脳に大量の異常プリオン(狂牛病の元になるもの)が存在しないと、あやまった結果になってしまう。(感度が悪い)
そして、陽性が出たからといって、しっかり処分される体制になっていない。
2001年初めて日本で狂牛病が発生した際、BSE感染牛は肉骨粉になり飼料メーカー80社に出荷。
結局、出荷停止要請を行い農家に渡らなかったが、「全頭検査」に力を入れるばかり、全頭検査の末見つけた感染牛を出荷できる態勢にあり「全頭検査」=「出荷しない」ではないということ。
日本政府は「全頭検査」という言葉を利用し国民に「安心」を植え付けることに成功したが、BSE検査しないで処分できる抜け穴もある。
異常が見られ安楽死させられた場合や病死した場合など、へい獣処理場に持ち込めばBSE検査を受けなくて良い。(2008年時点でもこのへい獣処理場が利用できるのかは不明)
だから、全頭検査や狂牛病発生数などまったく当てにならない。
-----------------------------------------------------------------------------------------

日本はそんなに犠牲者が出てないしそんなに心配はいらないんじゃないの?

発病までに約8年から50年はかかるので食べてすぐに被害にあったかどうかはわからない。
狂牛病感染数や、感染者数などというデータは正確ではないということ。
50歳以上で狂牛病に感染した場合は、変異型ヤコブ病(狂牛病感染の新ヤコブ病)と確認できていながらも孤発性ヤコブ病(旧ヤコブ病)と処理される可能性がある。(親族の希望で狂牛病感染を隠される場合もある)また、同じような症状を持つ病名は他にもある(若年性痴呆症、アルツハイマーなど)
孤発性ヤコブ病(旧ヤコブ病)は100万人に1人の稀な病気なのに、BSE発生ピーク時に変異型(新ヤコブ病)よりも孤発性(旧ヤコブ病)が異常に増えている事実がある。
だから現在までのデータで安心することはできない。
-----------------------------------------------------------------------------------------

肉骨粉は使用禁止になったんじゃないの?

2001年に日本は肉骨粉の全面禁止となったが、「禁止」を破っても重い刑がないのか守られないことが多い。
2006年日本でBSE感染が確認された乳牛には禁止後にも肉骨粉に代わるCPサプリメントという混合飼料を与えていた。
この牛は肉骨粉禁止(2001年)の半年ぐらい前に生まれ、半年は肉骨粉、その後の5年間はCPサプリという肉骨粉同様のもので補い育てたということになる。
どうしても、大量に安い牛乳を生産しようと思ったら肉骨粉が欠かせないようだ・・
本来一番良いのは大豆の飼料だが高くついてしまうのだろう。牛乳を安く大量に消費できる国が危ない肉をも生み出している。
絶対やってはいけないことなのだが、生産者側の苦しい立場も分からなくもない。食品を大量に無駄に消費する国民の意識も変わらないとこの問題はなくならないのではないだろうか。
(乳牛は乳が出なくなり役目を果たすと食用になる)
------------------------------------------------------------------------------------------

鶏や豚には感染しないの?

書籍に書いてあったが、豚や鶏は生かしておく期間が短いから症状が見られていないだけだと。だからもうすでに感染しているんじゃないかと書いてあった。なので、答えは次のようにしておく。
狂牛病に感染した牛の特定危険部位入りの飼料を与え5年以上生かしておけば間違いなく発病するんじやないの?(特定危険部位はBSE清浄国からは入ってきてる可能性大)
------------------------------------------------------------------------------------------

特定危険部位は輸入禁止で日本には入ってこられないんじゃないの?

BSE検査態勢が整っていない国、検査数が少ない国、検査していない国を含めてBSE感染の報告がない国をBSE清浄国という。
BSE清浄国に対しては規制が出来ず特定危険部位が入っていようが、日本は輸入を止めることはできない。
------------------------------------------------------------------------------------------

特定危険部位(脳や脊髄など)を取り除いていたらBSEに感染した牛でも食べて安全なんでしょ?

異常プリオン(狂牛病の元になるもの)が大量に蓄積しているのは確かに脳や脊髄などです。
異常プリオンがどのように牛の体内を移動するかを調べた実験では、一度異常プリオンが確認された場所でもある時期になると体内から一斉に見られなくなりました。しかし、これは体内に分散され検査では確認できる量ではなかっただけです。
だとすると、一度も確認が見られなかった他の場所(筋肉)でも微量の異常プリオンは存在してると考えることもできる。そして案の定2004年11月に、BSE感染牛の筋肉中の神経から異常プリオンタンパク質が微量ながら検出したと報告されました。
解体する際に、大量に蓄積している異常プリオンが脊髄などから出てきて筋肉につく可能性も十分考えられる.
異常プリオンはタンパク質で生物ではないので死滅させるのは、不可能と言って良い。
スクレイピー(狂羊病)の場合では筋肉からでも感染するそうです。
この質問を自分に自然に問いかけてみてください。病気にかかった牛を口にして本当に安全なのかどうかは自分の頭で判断するしかありません。
-----------------------------------------------------------------------------------------

BSE発生の原因ってなに?

現在、狂牛病(牛の海綿状脳症)はスクレイピー(羊の海綿状脳症)にかかった羊を牛に与えたことがBSE発生の原因とされている。
------------------------------------------------------------------------------------------

海綿状脳症ってなに?

生物の脳に異常プリオン(タンパク質)が入り正常プリオンを異常に変え、脳がスカスカになり痴呆や神経に異常をきたす病状。
-----------------------------------------------------------------------------------------

孤発性ヤコブ病(旧ヤコブ病)と変異型ヤコブ病(新ヤコブ病)は違う病気なの?(私自身疑問に思っている疑問で自分なりに回答)

現時点では、年齢層でハッキリと区別できる状態にない。
脳年齢によって、現す症状が異なっても普通に思う。
どちらも同じ人の海綿状脳症である。狂牛病発生以前のヤコブ病患者の中に牛の海綿状脳症(狂牛病)で感染した人がいるかいないかは別として
狂牛病発生(1986年)以前の患者を孤発性ヤコブ病(旧ヤコブ病)。
狂牛病発生以降の患者すべてを変異型ヤコブ病(狂牛病感染者)とするのが正しいように思う。
イギリスで狂牛病が大発生する以前からアメリカでは牛の海綿状脳症はあったとみられている(イギリスの感染牛が示す症状とは異なる)
そして、その感染牛はミンクの餌となりミンクは海綿状脳症を発症している。
マウスの脳にBSEの病原体を接種した実験でプリオンのパターンがBSE型を示すものばかりではなく、孤発性ヤコブ病に似たパターンを示すものも見られたという。
少しでも肉食離れを避けさすため、狂牛病が原因の変異型ヤコブ病患者の数は1人でも少ない方が良い。だから区別をし、逃げ道を残しているに違いないと私は睨んでいる。
-----------------------------------------------------------------------------------------

狂牛病(海綿状脳症)はどのような動物から見つかっているの?

人(クールー、孤発性ヤコブ病、変異型ヤコブ病)、羊(スクレイピー)、飼育されたミンク(TME)、シカ(CWD)、飼育されたチーターやカモシカ。飼い猫、ダニ。
------------------------------------------------------------------------------------------



孤発性ヤコブ病(旧ヤコブ病、CJD)
原因は不明か、老化によるものとされている。
50~60歳が多いとされているが実際50歳未満で発病した患者も多い。
初期症状に痴呆
脳波が特徴的(周期性同期性放電)
約半年で死亡
脳に異常プリオン少ない(これを区別する基準にしてはいけない例はある)
伝達性である。


変異型ヤコブ病(新ヤコブ病、vCJD)
狂牛病により感染
若者に多いとされているが高齢者がいないわけではない。
初期症状に精神症状
脳波に特徴はない
約1年で死亡
大脳皮質や小脳皮質に大量の異常プリオン確認(これを区別する基準にしてはいけない例はある)
こちらも伝達性である。

                      (参考)「早く肉をやめないか? 狂牛病と台所革命」 著者 船瀬 俊介
                      (参考)「BSE禍はこれからが本番だ」 著者 響堂 新



b_02.gif

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

胎盤エキスで献血不可
胎盤エキス注射した人は献血禁止、ヤコブ病感染防止で


厚生労働省は23日、人間の胎盤エキスの注射剤(プラセンタ)を利用した人の献血を禁止することを決めた。BSE(牛海綿状脳症)が人間に感染したとされる変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)の輸血感染を防ぐための措置で、早ければ10月初旬から実施する。
美容のために胎盤エキスを使う例が増えており、禁止の理由について、同省の担当者は「感染の危険性は低いと考えられるが、完全には否定できないため」と話している。
禁止は、同省審議会血液事業部会の調査会で承認された。これを受け、日本赤十字社は、
献血時の問診票に胎盤エキス注射剤の使用歴を尋ねる質問項目を追加するほか、ポスターを作製するなどして、献血者に理解を求める。
vCJDの病原体とされる「異常プリオン」が胎盤に含まれるかは不明で、胎盤エキスからvCJDの感染が人間に広がった例はない。
しかし、胎盤から感染する危険性がゼロとは言えず、輸血時に異常プリオンを高感度で検出する方法もないことから、献血禁止に踏み切ることにした。
日赤が昨年2月に実施した調査によると、献血者の0・1%に、胎盤エキス注射剤の使用歴があった。

(2006年8月23日22時50分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe4700/news/20060823i114.htm



これって、おかしくないですか?
これを禁止するなら肉を食べた人、ゼラチンを食べた人、加工品を食べた人も献血禁止になるんじゃないの?禁止できるところで禁止措置をやっておき、
そして、「ちゃんとしています!」というのをアピールしているみたい。


b_02.gif




テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。