プロフィール

にゃん吉太郎

Author:にゃん吉太郎
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

肉と添加物は想像以上に恐ろしかった
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輸入果物は薬漬け
日本でも昔は、温暖な地域で国内で充分供給できるだけのレモンが栽培されていたそうだ。
外国産レモンは見栄えが良く安いため国産レモンは売れずに栽培を断念。すべての樹を切り倒した途端、アメリカはレモンの価格を上げた。アメリカは人工衛星で日本の作付け状況をすべてチェックしているそうだ・・・

何で、日本の農家が自分たちの生活のためでもあるが、日本国民のために食べ物を作ってくれているのに何故守られないのでしょうか?何故、外国と競い合わなければならないのでしょうか?
世界はおかしな仕組みばかりなんですね・・・


輸入物柑橘類には、OPP(防カビ剤)TBZ(防カビ剤)イマザリル(有機塩素系農薬の殺菌剤)の3点がワックスに混ぜられほぼ付着している(果肉にも浸透)

<OPP>
発がん性があり、環境ホルモンでありアレルギー性もあり。
「抗菌」などと謳った商品にはOPPやTBZが使われている可能性大。
OPPは1969年に登録が取り消されるまでは殺菌剤として農薬として使われていたが、現在日本では添加物として許可されている。

<TBZ>
発がん性、催奇形性があるが1972年に登録され工業用防カビ殺菌剤として塗料に添加されたり木材の腐敗防止などに使われていた。TBZはきのこ栽培にも使われている可能性大。
ちなみにTBZは柑橘類とともにバナナにも認められている。

<イマザリル>
アメリカでは男性用経口避妊薬として売られている。
マウスに投与すると内反足、内反手の出産率が高まったという。
ダイオキシンや環境ホルモンの可能性もある。
もともと食品に使うことは禁じられていたが米国産レモンから検出され認可しないとレモンを輸入できなくなるため1992年に急いで認可。OPPが検出された際は海に捨てるなど大胆なことをしてる割にはイマザリルがレモンに残留していた時にはすぐに添加物として許可し輸入した。
1つ許可するのも2つ許可するのも変わりないという開き直りなんでしょうかね・・・
それだけアメリカに弱い国なんですね・・・


オレンジなど柑橘類は青いうちに収穫し2、4-Dなどの除草剤を加えて低温で貯蔵したうえ防カビ剤などをかけワックスを塗って輸出。果実にヘタが残っていると新鮮に見えることから、落ちないよう除草剤を使うという。
(柑橘類からは2・4-Dもたびたび残留している)


なんとも恐ろしい顔を持つ輸入果物・・・
私は、08年に輸入物マンゴーを食べたが、消毒薬の味がプンプンしていて翌朝もまだ、口に残っているぐらいかなりきつかったことがある。多分、カット野菜などの消毒と同じように次亜塩素酸ナトリウムのプールにドボンっ!と浸けられていたのではないかと見ている。(次亜塩素酸ナトリウムはハイターやカビキラーの主成分)


果物に関してはこれらの分、日本の方が安全だと思う。
日本の美味しい果物を見直したいですね。




(参考)「食民地 アメリカに餌づけされたニッポン」著者 船瀬 俊介 2002年6月10日 発行
(参考)「食マフィアが棲む国」   著者 吾妻 博勝 2005年11月30日 発行
(参考)「食べるな、危険!日本子孫基金」  2002年10月8日発行
(参考)「食べてはいけないの基礎知識」 著者 石堂徹生 2003年1月1日発行

あおe_02








スポンサーサイト

テーマ:美容・健康 - ジャンル:ライフ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。